AGAに効く成分はトウキエキス?フィナステリド?

育毛剤には様々な成分が含まれています。
その中の1つに挙げられるのが、「トウキエキス」です。
トウキエキスは数多くの育毛剤に含まれる成分という事もあり、高い発毛効果があると考えられています。

トウキエキスには血行を促進する作用や、炎症を鎮める効果があります。
頭皮の血行が悪い状態だと、毛根に十分な栄養素が行き渡りません。
すると、当然健康な髪は生えにくくなり、薄毛が進行してしまうでしょう。

また、頭皮が炎症を起こしていると、毛根にもダメージが加わりやすく、やはり薄毛の原因となります。
血行不良による薄毛や、炎症を起こしやすい頭皮のケアに、トウキエキスを含んだ育毛剤でのケアは有効です。

ただ、薄毛が起こる原因は何も血行不良や、頭皮の炎症だけではありません。
男性型脱毛症「AGA」は、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが要因となり、薄毛が進行してしまう脱毛症です。
毛根部分には毛乳頭という組織があり、ここで細胞分裂が起きる事で髪は生えてきます。
ジヒドロテストステロンが毛乳頭に入り込むと、毛乳頭自体の働きが低下してしまい、へサイクルが乱れて薄毛になってしまうのです。

男性ホルモンが原因の薄毛ですので、血行を改善したり炎症を鎮めるといったケアでは、薄毛を解消する事はできません。
AGAによる薄毛は、フィナステリドという成分を配合した内服薬での治療が効果的です。
フィナステリドはジヒドロテストステロンを作り出す、5αリアクターゼという酵素の働きを、抑制する作用を持っています。
ジヒドロテストステロン自体が少なくなる為、徐々にヘアサイクルが正常に戻り、薄毛を解消できるのです。

生え際と頭頂部といった、頭皮の一部分が薄くなる点がAGAの特徴です。
このような症状を感じたら育毛剤でのケアより、フィナステリド錠剤での治療を検討しましょう。