女性用にフィナステリドとその効果

薄毛や抜け毛といった問題は男性を中心に起こるものですが、この薄毛や抜け毛といった問題が女性においてもしばしば見られることがあります。そもそも、薄毛や抜け毛といった問題は男性ホルモンが原因となって起こるものであり、そのために現在では、専門の医療機関でそれを治療するためのお薬を処方してもらうことができるようになりました。その医療機関で出される薄毛や抜け毛を治すお薬こそ、フィナステリドを主成分とするプロペシアやフィンペシアといったお薬なのですが、このフィナステリドが配合されたお薬の効果は非常に高く、個人差も少ない上に、多くの人の薄毛や抜け毛を改善した実績もあります。それゆえ、薄毛や抜け毛で悩む男性の中にはこのフィナステリドが配合されたお薬を好んで服用されている方も多くいます。
 ところが、このお薬を効果が高いからといって女性用として用いることは得策ではありません。確かに、女性の中には男性ホルモンが原因で薄毛や抜け毛が生じている人もいますが、だからと言って、女性用として用いて良いということにはなりません。というのも、女性用に使用すると、副作用効果として不妊になるだけでなく、男児を妊娠すると、その男児の性器が奇形になるリスクもあるからです。そのため、男性ホルモンが原因で脱毛が生じている女性であっても、まずは、それ以外の育毛剤を試すことが先決と言えるでしょう。また、お薬に頼らなくても、生活習慣を整えたり、毛髪に良い食事を心掛けるだけでも随分と違ってきます。さらに、適切な洗髪方法を学ぶことで、薄毛や抜け毛が改善される場合もあります。こうしたことから、女性の場合は、フィナステリドに頼らず、別のお薬や方法で改善を目指すことが最良と言うことができます。