うす毛対策に役立つフィナステリドと植毛

うす毛の改善策にも様々な方法があり、市販の育毛剤や育毛シャンプーを利用している人も多いですが、やはり医療機関の治療は高い効果を期待することができます。

今は男性のうす毛、いわゆるAGA治療を行う医療機関も増えていますが、特によく行われているのが医薬品を使った治療です。
医薬品には直接頭皮に塗るタイプ、内服するタイプがありますが、フィナステリドは飲むタイプの医薬品です。

フィナステリドは商品名はプロペシアと呼ばれており、もともとは前立腺がんや前立腺肥大症の治療に使われていた薬で、薬を使用した人に体毛が増える効果が見られたことから育毛にも活用されるようになりました。
うす毛の原因は男性ホルモンであるテストステロンが変化してできたDHTによるものが多いですが、フィナステリドはテストステロンと5αリダクターゼの結合を抑制することで、DHTの生成を抑制してくれます。

そして薬で良い改善が得られない場合は植毛での治療も検討されます。
植毛は以前は人工毛で行われることが多かったですが、今は自毛植毛の技術が進化したことで、自毛での治療が多く行われています。自毛植毛の良いところは、本人の髪を使うので拒絶反応が少ないこと、髪が定着したらずっと伸び続けてくれることなどがあげられます。

男性にはもちろん、女性のうす毛など様々な髪の悩みに対応できる治療方法です。
そして、自毛植毛の治療方法も様々な種類があり、髪をメスで皮膚ごと切り取る方法もあれば、皮膚を切らずに髪を採取する方法もあります。

自毛の場合は髪が伸びるまでしばらく待つ必要がありますが、その後はメンテナンスの必要もなく、仕上がりも自然で、髪型も自由に楽しめるようになります。