ポストフィナステリド症候群発祥のタイミング

フィナステリドとは、男性型脱毛症に限定して使用される治療薬の主成分です。男性型脱毛症が発症する原因のひとつとして、男性ホルモンとそれを発毛阻害物質へと変換してしまう特定酵素の存在が挙げられます。フィナステリドは男性ホルモンの分泌に意識的に働きかけるため、男性型脱毛症に対して高い効果があるとされています。ただし安全性は確認されているものの、副作用が絶対に発生しないと言うわけではありません。男性ホルモンに意識的に作用を及ぼすため、それが関与している部分に対して、特に副作用が出やすいと言うことは明らかになっています。男性ホルモンは男性の性機能や活力や精力、また男性らしい体作りに関与しています。ですからたとえば、性機能の低下、いわゆるEDと呼ばれるような症状の出現や性欲そのものの減退、精子の減少や射精時の痛みと言った副作用があらわれることがあります。それから、髪の毛は濃くなったもののそれ以外の体毛が薄くなったり、筋力が衰えたり、乳房が女性のように膨らんでくると言った症状が見られることもありますし、活力が減退してうつ病にも似た症状に陥ると言う場合もあるようです。こうした副作用が出てきた場合、フィナステリド配合の薬の服用を中止するのが一般的ですが、恐ろしいのはそこで一旦、副作用がおさまったとしても、再び出てこないとは限らないと言う点です。このように、フィナステリド配合薬の服用をやめたにもかかわらず、またその副作用らしき症状が出てくることをポストフィナステリド症候群と言います。ポストフィナステリド症候群が発症するタイミングと言うのは、人によってまちまちです。服用をやめてから数週間後に副作用が出てくる人もいれば、数カ月後、数年後に発症したと言う人もいます。

■バレないAGA治療
プロスカー
■治療薬を購入してみよう
AGA治療薬であるフィンカーを通販で購入してみる